ウーマン

悩み解決の窓口

病院

様々な種類があります

電話相談というサービスをご存じでしょうか。電話相談サービスは、人々が抱える様々な悩みを、オペレーターが聞いて一緒に解決策を見つけてくれるというサービスです。人に言えない悩みを抱えている人、相談出来る人が周りにいない人のためのサービスです。悩みを聞いてくれるのは、顔の見えないまったくの他人ですので、逆に言いづらいことも言えるということがあります。また、人に言えない恥ずかしい悩みでも、顔が見えない分言いやすいというメリットもあり、利用者は増えている傾向にあります。また、電話相談にも、抱える悩みによって細分化されているという場合があります。例えば、夫からの家庭内暴力に悩む妻がかける専用のDV専用ダイヤルや、学校でのいじめによる悩みを抱える人向けのいじめ専用ダイヤルなどです。特に、いじめ専用ダイヤルの利用者は、小学生や中学生の子供が利用者となります。いじめは、自ら命を絶ってしまう原因としてとても大きな割合をしめるものです。思春期で多感な時期の小学生や中学生は、いじめによる心の傷は深く、また親にもなかなか相談出来ないという特徴があります。親を悲しませたくない、親に心配をかけたくない、という理由から誰にも話せないでいる、という子供は実はたくさんいるのです。そのような子供たちにこそ、電話相談のダイヤルの存在を知ってもらうべきなのです。知っている誰かにいじめの悩みを相談するというのは、とても勇気のいることですが、見知らぬ第三者であれば、気軽に話せることも多いのです。子を持つ親の場合には、自らいじめがあるかどうか、ということを子供に聞くことも難しいものです。それとなく電話相談サービスの存在を伝えることで、子供が自ら行動し、自分自身を守ることにつながるかもしれません。そのため、まずはこの電話相談サービスの存在を知ってもらう、ということが重要ということがわかります。冷蔵庫などのさりげない場所に貼っておくなどの工夫をして、家族に存在を示しておくと良いでしょう。特に子供がいる家庭には、このような方法がおすすめです。ただし、DV専用ダイヤルなどを利用する女性にとって、そのような存在を知られるのは、さらなるDVの発端になってしまう可能性があります。夫に見つからないように相談し、自分自身を大切に守りましょう。電話相談のサービスは、ほかにも様々なものがあります。最近では、仕事による過労死が増えてきていることもあり、会社での過度な仕事に悩む人専用のダイヤルなども作られるようになりました。それ以外にも、悩み全般に対応してくれるダイヤルもありますので、まずはかけてみるということをおすすめします。このようなサービスは、24時間対応、そして無料で行ってくれるところがたくさんあります。どのような時間でも対応してくれるため、同居している家族にばれることなく電話をかけるということも可能です。大きな悩み、ストレスを抱えている場合には積極的に利用してみましょう。また家族の様子がおかしい、子供が悩んでいるように見える、というような場合はそのサービスの存在をさりげなく教え、大切な人と自分自身を守りましょう。