ウーマン

悩んだときの心強い味方

カウンセリング

知っておきたいポイント

忙しい現代を生きる人にとって、肉体の疲れ以上に深刻なのが心の疲れです。特に自身で気が付きにくいことが多く、気がついたときには症状が重くなってしまい、結果として完治までに時間がかかってしまうことも少なくありません。そのような事態を避けるために、早めの診療や治療を行う必要がありますが、心療内科は予約が取りにくいことや、なんとなくイメージ的に抵抗があるという人も中にはいます。ですがそんな人の強い味方となってくれるのが電話相談です。まずはその電話相談についての基礎知識や豆知識について知っておくと良いでしょう。電話相談は国や自治体が主体となり、心が疲れたときや悩みがあるときに24時間対応などで相談できるものと、病院が独自で行っているものの大きく分けて二つがあります。前者は24時間無料で利用できるのが特徴で、複数の窓口が存在するため、自身が相談したいときに話し中や対応できないという事態を比較的避けることが可能です。また、自身の状態などによっても選択することができます。ただ、相談したいなどの軽い症状の場合は、ボランティアスタッフなどが対応できる窓口で相談しましょう。自身でどうしようもない状態に陥ったときに適切な対応を相談する際の、医療スタッフなどが待機している窓口まで様々なものが存在します。またどの窓口に電話すればよいかわからない場合などは、それら窓口の案内をしてくれる窓口も存在します。特に自身の心の疲れが仕事によるものなのか家庭によるものなのかによっても、相談先や対応方法が変わるため、余裕があればできるだけ詳細に相談し、今後の対応を検討することが重要です。最近では電話相談以外にも、ネットを利用したチャット相談窓口などもあるため、様々な選択肢から利用することができるのが大きなメリットです。一方注意点として、自治体によってはしっかりと窓口が整備されておらず、一つの窓口で対応するため電話がかかりづらかったり、適切な相談がしづらかったりすることがあります。次に心療内科や精神科などが独自で行っている電話相談についてですが、こちらは電話カウンセリングと呼ばれることもあります。実施している病院は少ないですが、心療内科や精神科に訪れる必要がなく、自宅から詳細に相談できるのが大きなメリットです。また電話で相談してから医院での診療を受けることも可能なため、いうなれば事前体験のように利用することも可能です。こちらの注意点は前述の通り、行っている医院が少ないため、地方によっては全く利用することができない場合があります。また基本的に予約が必要な場合が多く、料金に関しても無料で利用できるところもあれば一定の費用が必要なところもあります。そのため利用する前に病院等に確認しておくと良いでしょう。このように一口で電話相談と言っても、事前に知っておきたいポイントや基礎知識、豆知識などは数多く存在します。一念発起して電話相談を利用しようと考えたのに、利用できなかったり場合によっては自身の心の負担が大きくなってしまったりしたという事態を避けるためにも、事前にしっかり確認しておきましょう。